協賛企業インタビュー 第4弾

スクリーンショット 2015-12-19 20.40.45

協栄産業株式会社協栄⑴

<マラソンの国際大会にてごみ分別ボランティアを行っている様子>

◆主なお仕事は?

日本初のペットボトルからペットボトルへのリサイクル『B to Bリサイクル』

当初は使用済みペットボトルのリサイクルを主たる事業としています。
ペットボトルの歴史は長く、これまでは衣服に使用されるポリエステル)やたまごパックなどに生まれ変わることが多かったのです。
しかしリサイクル事業開始当初より、当社を見学にいらした皆さんから「ペットボトルをペットボトルにリサイクルすることはできないのですか?」という質問を常に頂いてきました。
当社は誰にでも分かりやすいボトルに甦る循環は、資源のない我が国で非常に重要な意義を持つと考え、新技術の開発に乗り出しました。
2011年に始まった「ボトルからボトルに戻る」日本初の水平リサイクルは、徐々にその広がりを見せています。

 ◆環境への思い

将来の子供達の未来のために

当社はリサイクルすることで石油と同じように利用できるペットボトルを都市から湧き上る「都市油田」と捉え、有効活用のための研究開発を進めてきました。
将来の子供たちに限りある資源を残すための有効な手段として、このリサイクル事業に取り組んでいます。協栄⑶

<CSR活動の一環として環境教育を行っている様子>

◆環境事業に携わっている方はどんなバックグラウンドを持っている方が多いと感じますか?

様々な分野からスペシャリストが集結!

「一生懸命」になれることは「能力」です。実に様々な分野から、それぞれのスペシャリストが集結しているといった印象です。
「リサイクル産業」とひとくくりにするとしても、その内容は機械・化学・法律・物流、それ以外にも様々な要素が欠かせません。
それぞれの分野で学んだ事を如何なく発揮できると思います。

 ◆学生とコラボしたい度:★★★★★

エコットで協働可能性を一緒に考えよう!

ボトルからボトルへの水平リサイクルは「枯渇が懸念される石油の利用抑制」と、「CO2排出量削減」につながります。
なんらかの形で皆さんと一緒に協力することで、世の中にどんどん広げていきたいと考えています。
エコットNo’1の環境×企業「エコJOB」にてどのような形での協働が可能か、一緒に考えていきたいと思っています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>