エコット(ecocon TALK)

エコット(ecocon TALK)

 

☆概要☆

『エコット(ecocon TALK)』は、コンテスト2日目の午前中に行われる分科会です。
エコットへの参加を希望される方は申し込み・参加条件をご覧ください。

今年度のエコットは5つです。
ecocon2015団体参加者、一般参加者は、自分の最も興味ある一つにご参加いただけます!
(エコットのみの参加も受付しております。その方は、一般参加者としてご登録ください。)
※No.2 ×地域、No.4 ×国際は定員に達したため受付を終了しました。
  No.3 ×広報は講演パートのみの参加を受け付けております。

☆日時・場所☆

開催日時:12月27日(日)9:30~12:00(受付9:00~)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟各研修室

☆今年のエコット

No.1 環境×企業 【『エコ JOB!』〜企業のエコってなんだろう〜】
担当:須斎あずさ、石川りさ 場所:センター棟研修室101

この文章を読んでくれているあなたは今、環境活動を行っているはずです。
そんなあなたに聞きたい。
その熱い環境への思い、学生時代だけで終わらせますか?
そこで本エコットでは環境を仕事にする『エコJOB』に焦点をあてました。
企業の環境事業を知り、直接企業の方と交流できる貴重な場を皆さんにご提供します。
集まって頂いたのは環境事業・環境経営を推進する「エコ企業」。

★会いたくても、なかなか会えないエコ企業が集結!
★1社につき最大6名程度という少人数での交流!
★企業のエコにまつわる裏話が詰まった『秘密の企業BOOK』が手に入る(参加者限定)!

『企業の環境部門ってどんな人が働いているの?』『どうやったら企業の中で環境に携われるの?』『ぶっちゃけ企業で環境に関わるってどんな感じなの?』そんな疑問を直接社会人の方にぶつけましょう!
がっつり『エコJOB』に興味がある方も、なんとなく『エコJOB』に興味がある方もお待ちしております。

 

《このエコットは定員に達したため受付を終了しました。》
No.2 環境×地域 【「地域×学生」田舎のミリョク?ここから考えよう!】

担当:石塚杏奈 場所:センター棟研修室103

「地域活性化に興味がある!でも地方との繋がりがないからなぁ…。」
そんなあなたと地方を繋げます。
エコット当日は、「地域活性化とは何なのか」を会場全体で考えられるような場にします。みんな、地域活性化をどう考えているのか知りたくない?
さらに!希望者の中から、来年8月に北海道栗山町で行われるコカ・コーラ環境フォーラムへご招待します!(※エコット参加者に限ります。また、選抜方法については追ってご連絡致します。)
北の国、北海道にある栗山町は自然豊かな地域。栗山町ではフォーラムへの参加や自然体験を含めて1週間ほど滞在し、いわゆる“田舎”のこの地域を活性化させるような、学生ならではのアイデアを地方に向けて提案します!(*^_^*)
エコット当日だけで終わらせません。みんなで地域について本気で考えられる場にしましょう!
(※10月1日に公表した内容と多少変更がございます。ご了承ください。)

 

★講演パートのみの参加者大募集中!!
No.3 環境×広報 【刺さる広告のつくり方〜これからの「つたえる」と「つながる」〜】

担当:宮迫えりか 場所:センター棟研修室309

環境問題に興味がない人にでも、環境問題に取り組むこと自体を身近に感じてほしい!
…でも環境問題をわかりやすく伝えるのは難しい。
そんな課題を解決するため、このエコットでは無関心層にも響く広告のつくり方をテーマとしました。
どのような広告を使用すればより効果的な情報発信ができるのか、講習とグループディスカッションを通して学んでいただきます。
講演をしてくださるのは、トヨタのハイブリッド車・AQUAのイベント ”AQUA SOCIAL FES” の企画を担当された電通の中川賢太さん。広報活動において必要になる思考のプロセスについて、 ”AQUA SOCIAL FES”の具体例を通してお話ししてくださいます。

これからの広報活動に役立つこと間違いなし!ぜひお越し下さい。
(※10月1日に公表したタイトル・内容から多少変更がございます。ご了承ください。) 
(※講演後のグループディスカッションは定員に達したため受付は終了しましたが、講演後そのまま見学としてご参加いただけます。)

 

《このエコットは定員に達したため受付を終了しました。》
No.4 環境×国際 【世界のほんとうの環境問題~私たちの将来を、決めていく~】

担当:奥矢萌子 場所:センター棟研修室310

ほんとうの環境問題というテーマで、メディアには決して載らない環境問題について、スペシャル講師の講演を聞きます。
講演後、講師とのディスカッションを予定しています。
講師は、世界130か国以上を旅し、ロシア世界最大の放射能汚染地帯、西アフリカのサハラ地方の小学校・世界一危険といわれる街、サンパウロのスラムなどで講演してきた経験をもつ自転車で旅するエコロジスト・松本英揮さん。
旅や講演のなかで得た経験をもとに、ほんとうの環境問題について話して下さいます。

講演後は、学生と松本氏でディスカッションを行い、自分たちそれぞれが今後どのような活動をしていけばいいかについて議論します。
松本さんはご自身の経験から、複雑な時代を生きる小中高生に将来についてのシンプルなアドバイスを送っています。
この講演とディスカッションを、自分の将来を決めるジャンプ台にしてください!

 

No.5 環境×学生 【とある環境サークルの一年間に完全密着!!~あなたなら、その時どうする?~】
担当:村岡俊一 場所:センター棟研修室102

様々な場面で発生する団体運営の悩み、環境活動の問題点、みんなで意見を交換して、考え抜いてみよう!
まずは皆さんに、とある環境サークルの一年間の様々な活動や運営の様子を見てもらいます。
しかしそのサークルでは、途中でたくさんの事件が発生します!
皆さんには「チーム代表」、「チーム運営を卒業した先輩」などといったいくつかのグループに分かれ、“その時に、その役職にとってベストな行動”を考え抜いてもらいます。
誰もが一度は抱えるあるあるなナヤミゴト・・・ここに来れば、楽しく解決できちゃうかも!?

☆昨年の様子☆

78